外貨MMFにおけるペイオフとは?

外貨MMFなどの外貨商品などに手を出す場合、ある意味最も重要な部分となるのがペイオフの有無です。
ペイオフとは、例えば金融機関等が破綻したり倒産したりしてしまった場合、そこへ預けてある資産を保護してもらえるというシステムのことです。
通常このペイオフが適用されるのは、日本国内の銀行等なのですが、外貨MMFは資産を分別管理されていますので、万一倒産が起きてしまった場合でも、資産の保護がされる、つまりペイオフの対象となっているのです。
逆によく外貨MMFと比較される外貨預金はこのペイオフ対象外となっていますので、元本保証こそあるものの銀行そのものが破綻したりしてしまうと、資産を失ってしまう恐れがあります。
外貨MMFを徹底比較!手数料が安く利回りが良い業者を選ぶコツ