自営業住宅ローン赤字でも審査できる?

自営業の方が自営業住宅ローンを組むためには、いくつかポイントを抑えることが重要となります。
そのポイントとは、審査基準をしっかりと把握する・返済負担利率をなるべく低く抑える・頭金は必ず2割り以上用意しておく・審査基準が異なるフラット35も視野に入れておくことです。
金融機関が自営業者に求める条件は、過去3年間赤字にならず安定した収入があり、滞りなくローンの返済が可能なことです。自営業住宅ローン赤字だと審査に合格できません。

そのため、節税対策より所得を上げて頭金を用意しておくことのほうが金融機関から高い信頼を得ることができます。
これにより、審査基準をクリアすることで自営業住宅ローンも組むことができます。
そして、自営業の方でも住宅ローンに関する知識を身に付けていれば、さらに住宅ローンを組める確率が上がります。
そのわけは、融資担当者に住宅ローンの仕組みを把握していることを認識させることで、返済能力やビジネスの安定性をアピールすることができるからです。
このように、幾つかの重要なポイントを抑えることで融資が可能になります。

自営業住宅ローン赤字で審査通る?基準甘い銀行!【赤字申告】