カラコンの裏表を確認する方法は?

カラコン裏表を確かめるなら、指の上にのせたときの形で確認出来ます。
綺麗にお椀型になっていて、縁がやや内側に入った感じになっていれば正しい向きになっています。
これが、少しカーブが立っていて縁が外側に向かっている感じがするなら、逆向きになっているということです。
裏表を間違えて入れてしまったら、装用感が悪く、外れやすくなっています。
慌てずにカラコンをつまんで外し、裏表を確かめて入れ直しましょう。
確かめずに入れて、なんだかおかしい、痛みを感じるという時にも、裏表が逆だったための場合があります。
違和感を感じたらまず外して確かめてくださいね。
端の4分の1くらいのところをつまんでみて、つかみにくく反発を感じるようなら、裏返しになっています.