カードローンで審査に落ちる知られていない理由とは何か?

カードローンで審査に落ちる理由として考えられるのは、今までの融資が多いことです。
消費者金融では貸金業法で融資制限があるので当然ですが、このような制限がない銀行であっても、あまりに融資残高が多ければ警戒して融資に応じることはありません。
しかし、ここには落とし穴があり、カードローンなどの融資限度額も融資したと考えられてしまうのです。
つまり、条件が悪いカードローンを使っていないまま放置していると、この限度枠は貸していると判断されるのです。
そのため、使っていないカードローンは解約する必要があるのです。
また、クレジットカードのキャッシング枠も同様であり、お金を借りているとカウントされてしまいます。
結構気が付かないので注意が必要です。