うつ病の研究の成果について

うつ病について、どのような研究がなされているのかと言うことを紹介しますね。しかし、その症状と言うのは健常者がうつの気分になっているものと違いがありませんよね。その為、正確にうつ病と診断することが難しいと言うのが現状ですね。(汗)また、うつ病の原因となるものは、ストレスなどが考えられます。

しかし、明確な原因と言うのはわかっている訳ではないのです。(汗)最近の脳科学研究により、うつ病患者の脳の状態が健常者と異なっていることが分かってきています。この状態がうつ病特有の状態になっていることも解ってきています。(笑顔)もちろん、全てが解明されている訳ではありませんよ。うつの症状を和らげる為の薬も作られるようになってきたと言います。(笑顔)

負の感情が強くなる傾向にあります。それがうつ病患者ですが、その感情を作り出している脳内物質の存在が明らかになってきたと言います。(笑顔)。脳の中では、実は色々な化学反応があります。それが自分と言う性格を作り出しているとも言えます。私達は心と言うものがある種の神秘的なものであると言います。しかし、それは脳の中で機械的に作り出されているものではないのかと言います。その様な症状を理解することが出来れば、うつ病の治療は前進することでしょう。(笑顔)